手作りランタン

中国では、旧正月(春節)に中国寺をお参りしたり、ランタンを飾り付け爆竹を鳴らして春節を祝います。長崎においては、長崎在住の華僑の人たちが新地中華街を中心に「春節祭」として実施してきましたが、1994年より規模を拡大する形で「長崎ランタンフェスティバル」として実施され、今では長崎の冬を彩る風物詩として市民に定着しています。

長崎青年会議所は、「長崎ランタンフェスティバル」を広く市民に情報発信することで、「長崎ランタンフェスティバル」に対する市民意識を高めることを目的として、長崎ランタンフェスティバル実行委員会に協力しています。1995年には当時のまちづくり委員会が中心となって手作りランタンコンテストを実施し、現在に至っています。