人財室

副理事長(人財室)運営方針

副理事長

平井 嘉一

 長崎JCは62年という長きに渡り様々な運動を展開してきました。そしてこれからも「明るい豊かな社会」を目指して運動を継続していかなければいけません。しかし現在、その運動を展開する会員の状況を見ると、ここ数年で在籍年数が浅い会員の割合が増加する状況にあります。そのような状況であっても在籍年数が浅い会員がJCの本質を理解し、運動を展開する事が求められています。また、会員一人ひとりのJC運動に対する参加意欲にも温度差があり、組織として運動を継続するためにも全会員の意識の統一が必要です。

 長崎JCがこれからも運動を展開し、組織を強固なものにしていくためには、会員一人ひとりに今一度JCの魅力に気付いてもらい、JCの運動に対する理解を深める事で、会員としての資質向上、更には地域に貢献できる青年経済人へと成長する事が求められます。また、様々な経験を持つ会員同士の交流はもとより、歴史を築き上げ、各地でご活躍されている経験豊富な諸先輩方と交流できる機会を提供する事で、世代を超えた様々な交流が生まれ、運動に必要な知識や姿勢を学ぶ機会となり、JAYCEEとしての意識の醸成に繋がります。

 会員一人ひとりが今一度足元を見つめ直し、長崎JCの会員としての意識を持ち、会員同士で切磋琢磨する事で、一人でも多くの会員がそれぞれの地域でリーダーシップを取れる人財に育ち、更には長崎JCの更なる発展に繋げます。



人財室運営方針

室長

寺岡 誠三

 長崎JCは地域の青年リーダーとして、志を同じくする仲間と共に、「明るい豊かな社会」の実現を目指して様々な運動を展開して参りました。しかし、近年の長崎JCにおいて在籍年数の浅い会員が増え、JCや仲間の事をよく知らない会員が増加している現状があります。長崎JCが今後の地域発展に向けて継続した運動を行うためにも、会員一人ひとりがJCについて理解し、意識の統一を図り、会員間の相互理解を深める事が必要です。

 人財室ではJCが持つ様々なノウハウを活用し、会員一人ひとりの資質を向上する事ができる機会を提供します。そして、会員がJCについてより理解を深め、JAYCEEとして成長できる学びの場を提供します。また、我々が地域をつくるうえで不可欠なリーダーの選択を通して、地域の未来について考え、責任と自覚を持って行動できる機会を提供します。更に、活動を共にする現役の仲間との積極的な交流を通して、仲間を知る機会や自己が成長できる機会を提供します。特別会員と現役会員間においては、相互の交流を通してJCの良さを再認識していただくと共に、世代を超越した繋がりの機会を提供します。

 JCの門を叩いた青年が、JCでの運動を通してJAYCEEとして自分自身の意識を変革し、様々な交流の機会により自己を磨き昨日の自分を超える事で、自らが率先して行動できる人財へ成長するよう人財室で取り組み、長崎のJC運動の更なる発展に繋げます。



会員開発委員会

委員長

近久 宏志

1.基本方針「明るい豊かな地域へ導く人財となるように」

 長崎JCは「明るい豊かな社会」の実現を目指し、これまで様々な運動を展開して参りました。この運動を継続していくためにも、長崎JCは地域の発展に必要とされる組織であり続けなければなりません。長崎JCが今後も地域から必要とされる組織であるためには、市民と共に自分達の未来について考え、地域のオピニオンリーダーとして率先して地域を牽引する事ができるように人材を育成していく事が必要です。

 会員開発委員会では、JC会員と市民が共に自分達の地域の未来ついて当事者意識を持って主体的に考える事ができる事業を行います。この事業を行う事で、市民が地域の未来について関心を持ち、明るい豊かな地域づくりのために主役として参加し、自分達の暮らす地域の在り方について改めて深く考える機会とします。次に、仮入会員を対象として、これまでJCが培ってきた人材育成のノウハウを活用した研修を行います。JCの歴史や理念を理解してもらうと共に、今後JAYCEEとして活動していく上で必要なJCの意義や基礎的な知識等を学ぶ事ができるセミナーを行います。また、先輩諸兄から受け継いできたJCの志や伝統、JAYCEEとしての品格や在り方を仮入会員に継承するための機会とします。更に、正会員が地域のオピニオンリーダーとして地域の未来を考え、地域を牽引する意識を醸成する事ができる事業を行います。正会員一人ひとりがJAYCEEとしての誇りと使命感を持ち、今後も積極的にJC運動に取組む事ができるよう、会員の資質向上を図る機会とします。

 会員一人ひとりが事業を通して地域の未来を考え、自らを成長させると共に、率先して地域を牽引する事ができる「人財」となる事が、長崎JCの活性化のみならず長崎を明るい豊かな地域へ導くと確信します。

2.事業計画及び日程



第63年度 会員交流委員会

委員長

瀬戸口 裕正

1.基本方針「交流による人財育成」

 長崎JCは明るい豊かな社会の実現を目指し、運動を展開して参りました。運動の推進には現役会員同士や地域で活躍される特別会員との協力体制が欠かせません。しかし、長崎JCでは入会年数や経験が浅い会員の割合が増え、会員間の協力体制の必要性を十分に伝えきれず、双方の繋がりが希薄になっている現状があります。今後も長崎JCが運動を推進していくためには交流の機会を通して、会員間の協力体制を構築する事が必要です。

 全ての交流の基礎となるのは現役会員が団結する事です。様々な経験を持つ現役会員同士が交流事業を通して入会年度に係わらず交流を深める事で、会員の人となりを知っていただき、会員一人ひとりにJCでのネットワークを構築していただきます。また、長崎JCでご活躍され、今年度初老を迎えられる会員に残りのJC活動をより有意義なものにしていただくために、初老祝賀会を開催します。初老を迎えられる会員と現役会員、仮入会員及び特別会員が交流の場を共有する事で、長崎JCが行う運動に対しより理解を深める機会とします。更に、現役会員が特別会員と交流をより深めるためにAllJayceesを開催します。OB会との連携を図り、委員会が一枚岩となって積極的な動員を行い、多くの現役会員と特別会員に参加していただきます。世代を超えた交流を通して、特別会員の皆様には現役会員を通して長崎JCが取り組んでいる運動への理解を深めていただく機会とします。現役会員には長崎JCが持つネットワークの大きさを感じていただくと共に、自らのネットワークを拡大する事で、今後のJC運動を行う上での礎としていただきます。

 会員一人ひとりが交流の機会を通し、長崎JCが持つ様々なネットワークや魅力を感じていただく事で、JC活動への参加意欲の向上に繋がり、今後の長崎JCが行う運動の更なる発展に繋がると確信します。

2.事業計画及び日程