拡大室

副理事長(拡大室)運営方針

副理事長

馬場 雅朗

 今般、少子高齢化が進む中、人口流出をも伴う長崎の人口減少問題は、これから長崎の将来を担う世代における大きな不安材料となっています。とりわけ経済活動は、人口減少の割合以上に落ち込む予測が立てられています。このような問題を打破すべく、新たな取り組みが喫緊の課題となっている今般、我々青年世代には、これまで培われてきたものを大切にし、同時に革新的な取り組みへと繋がる機運醸成が求められています。

 「明るい豊かな社会」を築く事を綱領に謳う我々長崎JC会員のうち、62年間引き継がれたものの価値を最も強く感じる事ができ、その恩恵を受ける事ができるのは我々現役世代です。今日まで繋がれてきた精神は、先輩から後輩へ、JC運動を継承しようとする諸先輩から受け継がれてきた歴史と努力の賜物です。これまで様々な市民運動を起こし地域のリーダーを輩出してきた長崎JCにおいて、一人でも多くの人材を求め集える仲間が志を一つにし、チームの力による新たな運動発信の追求が必要です。

 62年の歴史が現在の我々の運動の糧となっています。先輩方から継承されてきたものに感謝し、次の世代に引き継ぐ使命があります。一人でも多くの仲間を求める姿勢、共に高め合う姿勢、受けた恩を必ず次世代に伝える姿勢、一人ひとりの姿勢が新たな運動を作り出す源流となり、「明るい豊かな社会」へ導く大きな力となるよう邁進して参ります。



拡大室 運営方針

室長

田﨑 康介

 都市部では景気の回復傾向が見られますが、我々が住まう長崎においては依然回復途上にあります。またその長崎では、数年来続く事業所数の減少傾向に歯止めが掛からず、青年経済人の集う長崎JCが、人材を確保する環境は良いものではありません。更に、在籍年数が短い会員の割合の増加や、ここ数年間で多くの会員が卒業を控えていることもあり、これまで以上の組織拡大に対する行動が求められています。

 まずは、全会員に拡大活動の意義、手法、目的を再確認していただき、更なる意識の向上に努めます。そして、長崎JCを卒業された諸先輩に拡大活動に対する更なる支援をいただけるよう、積極的にコミュニケーションを図ります。更には、これまで長崎JCとの関わりの機会を持つ事が無かった企業に対しても新たなアプローチを仕掛け、多くの方にJCへの関心を持っていただき入会へ繋げて参ります。そして、そこに潜在する未来の志高きJAYCEEを発掘すべく、現役会員の拡大活動を支援し、新たに迎え入れる会員にJCの魅力を一日でも早く実感していただけるようサポートして参ります。

 「人財」が豊富である事は、LOMの活性化、ひいては長崎の活性化に繋がります。我々JCが掲げる「明るい豊かな社会」を築く原動力となる人材を獲得、そして、その育成に全力で取り組む事で、長崎JCが次世代のリーダーの集まる組織となるよう邁進して参ります。



拡大第一委員会

委員長

山道 英樹

1.基本方針「メンバー全員で取り組む拡大活動を目指して」

 厳しい経済情勢を背景とした人口流出や、急速な少子高齢化が進行する長崎において、青年経済人を発掘し獲得する活動は容易ではありません。そのような中、志高き人材を育成し、長崎に更なる活力を与えるJC運動を展開し続けるためにも、全会員が当事者意識を持って、拡大対象である青年経済人へ長崎JCの魅力を伝える必要があります。更に、新たに入会された会員に対して、同じ志を持って活動していただくための支援が求められます。

 まずは、長崎JCのこれからの会員数の変動と我々の運動との関わりに対する理解を促し、各委員長と拡大幹事へ拡大活動の重要性を再認識していただき、更に全会員へその意識が浸透するような拡大会議を開催致します。会議の場では情報を共有化し、進捗状況や重要な情報を簡潔に報告していただき、円滑な会議の運営を行います。また、拡大活動の経験が少ないメンバーを始め全ての方に参加を促し拡大事業に巻き込む事で、LOM全体の会員拡大に対する意識醸成を図ります。そして、拡大対象である青年経済人に対する効果的なアプローチ手段を議論する場を設け、より確実な会員活動に繋がる会議と致します。更に、拡大幹事を通して各委員会でメンバーが持つ全ての拡大情報の開示を促していただき、一人でも多くの拡大情報を集め新たな会員の入会に繋げます。新たに迎え入れた会員については、一日でも早くJCの魅力を理解して活動が行えるよう、新たに入会された会員が主体となって企画運営を行う事業を実施します。この事業を通してJCの三信条である「修練」「奉仕」「友情」を学び、JCメンバーとしての自覚を持って活動していただけるよう支援して参ります。

 一人でも多くの志高き人財を増やし、JC運動を活性化する事が長崎の発展に繋がる事と確信します。そして、これまで受け継がれてきたJC運動を次世代へ引き継ぎ、「明るい豊かな社会」を築くための礎となるよう邁進して参ります。

2.事業計画及び日程



拡大第二委員会

委員長

藤村 隆

1.基本方針「志高き人材の発掘」

 現在、長崎においては少子高齢化に加え若年世代の流出による生産年齢人口の減少が深刻化しており、青年経済人を発掘し獲得する事は容易ではありません。そのような中、明るい豊かな社会の実現を掲げるJC運動をより活発に展開していくためには、地域の方に幅広く認知していただき、更に地域のリーダーとなって率先して行動できる志の高い仲間を、一人でも多く獲得し育成する事が強く求められます。

 まずは、会員がJCの意義と魅力を正しく効果的に地域社会に伝達するために、JCの組織説明や過去から現在までの活動をまとめたツールを作成し提供致します。また、映像等の媒体を用いて、視覚的に我々の運動がより広域かつ効果的に伝わるように致します。そして、より多くの方にJCとその運動を認知していただくために、長崎JCを卒業された諸先輩方を積極的に訪問し会員拡大へ向けたご支援を賜ると共に、これまでJCとの関わりを持つ事の無かった企業へも働き掛けを行い、地域に潜在する志高き人材の発掘に努めて参ります。更に、長崎で活動する多くの青年経済人にJCに対する理解を深めていただくために、広く公開された事業参画の機会を提供し共に未来へ向けて行動していく意識の共有と醸成を図ります。また、正会員が効果的な拡大活動を行うために、情報共有・交換の場を設けるための支援をして参ります。新たに迎え入れる会員へは、JC運動の意義と魅力を実際に体験して学んでいただくために、新入会員が主体となって進める事業の開催を支援して参ります。

 私達JCの運動は、住みやすく魅力的な長崎の創造に繋がります。より大きな組織力による力強い活動を展開するためにも会員拡大を推進し、一人でも多くの仲間と共に「日々努力」・「日々前進」を信条に掲げ、明るい豊かな社会の実現に向けて邁進して参ります。

2.事業計画及び日程