戦略室

副理事長(戦略室)運営方針

副理事長

友岡 源太

 長崎JCは、我々が住まう長崎の発展のため、長きに渡り多くの運動を展開して参りました。長崎JCが地域に認知され、今後も地域に必要とされる団体であり続けるためには、今何が必要なのか、我々にできる事は何なのかを見極めて活動する事が重要であると考えます。そのためには、会員一人ひとりが、自らの意志で所属している団体の必要性を再認識し、同じ理念を持って組織としての大きな力に変えていく事が必要です。

 我々の団体には、様々な職業の方が在籍しておりJC運動に対する想いや、費やす時間はそれぞれ違います。その中で、会員が目的意識を合わせ、全会員が集い理念を再認識できる機会を提供する事が必要不可欠です。また、会員間のコミュニケーションを活性化させ、目的に向かって足並みを揃えるために、会員一人ひとりの運動を長崎JCの想いとして共有していただきます。そして、我々が行う運動を多くの市民の方に伝播する取り組みを再考する事が、我々の使命でもある地域社会に変革をもたらす団体としての影響力を強めると確信します。

 長崎JCの運動を行っているのは人であり、会員の成長が無ければ組織としての成長は望めません。会員が同じベクトルを持って「日々の努力」を忘れず、「日々の前進」をする事で、会員一人ひとりが未来の長崎を変えるリーダーと成りうると確信します。



戦略室 運営方針

室長

峰 昇平

 長崎JCは現在、様々な業種の会員が在籍しているのは勿論の事、JCに入会した目的も会員によって様々です。その中で、長崎JCが組織として「明るい豊かな社会」の実現に向け運動を展開していくためには、全会員が共通の理念を持ち、足並みを揃える事が必要不可欠です。また、長崎JCの運動が地域において最大に生かせる環境を作るために、地域の方に理解され共感を得られるような取り組みも必要です。

 戦略室では、会員が一堂に集う場を提供し、会員相互の交流を深めていただくと共に、意見交換や情報交換をしていただく機会とします。また、理事長の想いを始め、様々な情報を共有する事で、長崎JCの向かう方向性を再認識し、足並みを揃えていただく機会とします。広報活動においては、会員が共有すべき情報や各委員会の事業に対する想いを発信し、より理解を深めていただけるよう努める事で、各種事業に対する参加意欲の向上に繋げます。また、我々の運動を分かりやすく発信し、多くの方に認知していただけるよう対外的な広報活動を研究・実践して参ります。

 会員一人ひとりの意思統一を図る事で、組織の団結力が高まり、これまで以上に大きな運動を地域にもたらすと確信しております。会員のため、地域のため、日々努力を重ね、戦略室一丸となって邁進して参ります。



例会委員会

委員長

常岡 伶州

1.基本方針「例会年間出席率NO.1!!」

 長崎JCは創設以来62年に亘り毎月1回の例会を通じ、会員が同じ時間を共有し、お互いを高め合って参りました。また、厳粛なセレモニーを行い、更に理事長の想いを聞く事で、長崎JCが目指すべき方向性を確認し、足並みを揃え運動を展開して参りました。今後も更に会員が団結し、JC運動を強めていくために、現在まで続けられてきた例会に会員自らが、積極的に出席するよう意欲を高めていく事が重要です。

 例会委員会では、各委員会に担当の委員会メンバーを配置し、相互に連絡を取り合う事で、まずは各委員長に委員会メンバーの例会出席率に強い想いを持っていただきます。そして、その強い想いを委員会メンバーにも共有していただく事により出席率向上に繋げます。また、会員の成長に繋がる学びの場を提供し、会員自ら進んで出席したくなるように、多くの会員と交流できる等のメリットを強く打ち出して参ります。更に、セレモニーの大切さ意義を伝える事により格式ある例会を行う事ができます。上記の取り組みを行い、例会に対する意識を高め、100%必達例会の実現を目指します。また、入会年数が短い会員が委員会メンバーと交流を深め、登壇する機会も作って参ります。新年懇親会においては、来賓・特別会員の皆様に第63年度の長崎JCの方針を伝え、ご理解いただけるよう、そして親睦を深める事ができるよう環境を整えます。また、卒業生を送る夕べでは、これまで長崎JCを牽引してきて下さった卒業生の皆様に感謝の気持ちを伝えると共に、長崎JCで頑張ってきて良かったと心から思っていただくために、一生の記憶に残るよう感動的な演出を行います。

 例会に出席する事で得られる学びや出会いにより、会員一人ひとりが成長し、組織の力となります。そして、同じ方向を向き日々前進する事で、これまで以上に地域に必要とされ、貢献する事ができる団体になり得ると確信しております。

2.事業計画及び日程



広報戦略委員会

委員長

山口 知宏

1.基本方針「創造的メディアの発信を目指して」

 長崎JCが地域に貢献し続ける団体であるためには、対内に各委員会の情熱を発信し、全会員がそれを共有する事で、組織としての団結力の強化を図ると共に、各事業への関心を促し、参加への意欲を向上させる役割が求められています。また、長崎JCの運動を対外に発信し、より広域に伝播させる事で、地域の皆様への認知度を向上させ、各事業に対しご理解・ご協力いただく事も重要です。

 本年度、広報戦略委員会は長崎JCの運動を発信するために、委員会メンバーに担当を振り分け、各委員会と連絡、打ち合わせ、インタビュー、撮影等の積極的な取材を行う事で創造的なメディアを作成し伝播して参ります。JCニュースにおいては伝統的な記録紙としての役割はしっかりと継承しつつも、各種事業の魅力や委員会の想いを伝える事ができるよう掲載方法に工夫を凝らします。また、会員の皆様に楽しんで読んでいただき、興味を持っていただけるような企画を盛り込みます。長崎JCのWebサイト運営においては、多くの方に興味を持っていただけるよう写真や映像等のイメージを多用し、タイムリーな更新作業に努めます。更に、パソコンだけではなくタブレット端末・スマートフォンでアクセスした際にも、操作しやすく見やすい画面構成となるよう工夫し、「何時でも」「何処でも」「どの機器でも」、長崎JCの情報を閲覧できるようにして参ります。また、ソーシャルメディアとの連携活用を検討し、より親しみやすく、訴求力の高い情報発信ができるよう取り組んで参ります。

 広報戦略委員会が会員間の、そして長崎JCと地域を結ぶパイプ役となり、魅力を感じてもらう事で、長崎JCの更なる発展に繋がると確信しております。より効果的な情報発信ができるよう日々工夫を凝らし、努力を重ね、広報活動を邁進して参ります。

2.事業計画及び日程