総務室

専務理事(総務室)運営方針

専務理事

光冨 英治

 長崎JCは、明るい豊かな社会を築くため、その時代における最新の地域のニーズを把握し、その解決策を運動に転換すると共に、運動を側面的に支える事ができる幅広い視野と長期的な展望を持った組織運営が求められています。長崎JCが、今後も地域にとって掛け替えの無い組織であり続け、常に会員一人ひとりが当事者意識を持って運動の目的を確認しながら、活動し続けていくためにも、今まで以上に精度の高い運営体制が必要不可欠です。

 JCとして運動を展開していく上で、組織内部の統制や連携が十分に図れない事にはその運動の効果は最大限に発揮できません。そのためにも、今までの組織運営の精度を更に高めると共に、会員にとって分かりやすく親切な運営を行い、運動のサポート体制の充実を図ります。そして、地域のみならずJCの幅広いネットワークと密接な連携を図り、JCのスケールメリットを十分に感じていただく事で、会員一人ひとりの意識変革に繋げます。

 「何をする組織であるのか」と同時に、「どのような組織なのか」を明確にし、運動と運営の相乗的な連動を図る事で、最大限の効果を発揮する事ができます。またJCの様々な機会を通し、地域から広い世界へ繋がりを持つ事で、更なる友好関係を構築し、幅広いネットワークを創出します。長崎JCが、今後も地域に必要とされる組織であり続けるためにも、まずは「日々の努力」を忘れず、「日々前進」し、組織としての進化を目指して参ります。



総務室 運営方針

室長

手塚 雄一朗

 「明るい豊かな社会」を目指して運動を展開するJCは、時代の変化と共に常に新しい取り組みを行ってきました。今後も長きに亘り継承していくためには、幅広い視野と長期的な展望を持った運動を側面的に支える運営体制が求められています。長崎JCが行う運動が最大限に効果を発揮するためには、会員一人ひとりが様々な機会の中で経験を糧に成長し、個々の力を集結し運動に繋げる際の支えとなる強固な基盤構築が必要不可欠です。

 まず、長崎JCの運動や方向性を決定する重要な諸会議が厳正かつ円滑に開催されるよう、各種マニュアルや定款、運営規定を熟知し、チェック機関として努めます。また、各室と緊密な連携を図り、組織全体の年間スケジュールの連絡・調整を行うと共に、年々蓄積される膨大な情報を全会員が平等に活用し、後世に残すための有益で効果的な記録となるよう、管理・統制を行います。そして、各渉外事業において、全会員に参加意義を伝達できるよう、一早く情報収集に努め、積極的に参加しやすい環境を構築し、多くの会員が参加する事で、出向者支援にも繋げます。また、会員の活動の支えとなるため、細部に亘る配慮を心掛け、円滑な運営に努めます。

 1年間を通してLOMの組織運営の礎としての自覚を持ち、常に「日々の努力」を忘れず「日々前進」し、会員にとって親切な、そして会員が活動に取り組みやすい環境を構築し、様々な機会を活用し行動する事で更なる魅力ある組織へ繋がると確信します。



渉外委員会

委員長

須嵜直樹

1.基本方針「スケールメリットを活かせる環境づくりを目指して」

 JCでは毎年、国内外において各種大会・会議が開催されており、JC会員一人ひとりに参加する権利が与えられています。各地より同じ志を持った仲間が一堂に会する各種大会・会議への参加は、会員同士の様々な交流やスキルアップに繋がる絶好の機会である事はいうまでもありません。このスケールメリットを活かし、会員一人ひとりが成長するために、開催意義やその魅力・趣旨を伝え、より一層の参加に繋げていく事が必要不可欠です。

 まず本年度は、各種大会・会議への積極的な参加に繋げるために、開催の意義や趣旨説明、その魅力を例会や委員会回りを通じて伝えると共に、出向者と連携を図る事で、正確な情報やスケジュールを会員に周知徹底します。神戸JC・長崎JC定例会議では、今まで諸先輩方が培われてきた友好関係が今後も引き継がれるよう、その開催意義を十分にお伝えします。また、事前に全国各地で行われる各種大会の意義や趣旨を把握し、会員一人ひとりが参加する事の重要性を認識できるよう、細部に渡り配慮の行き届いた環境づくりを行います。特に本年度は、九州地区大会が諫早JC主管の下で開催されます。同じブロック内のLOMが主管する大会が無事に成功できるよう、スポンサーJCとしてまた副主管LOMとして確りと貢献できるよう最大限の支援に務めます。更には、本年度は世界大会が金沢の地にて開催されます。世界大会が日本で開催される貴重な機会ですので、積極的な参加推進を行い、会員一人ひとりの成長の一助とします。そして、より多くの会員に参加して頂くために、参加推進の一つとして推奨しているスケジュールを今一度見直し検討する事で、より参加しやすい環境づくりにも取り組みます。

 一年間を通して多くの会員に今までに無い経験や魅力を感じていただき、事業へ参加する踏み出す一歩が日々の前進となり、会員一人ひとりが様々な機会を通して日々努力し成長する事で、今後の長崎JCを大きく飛躍させる糧になると確信します。

2.事業計画及び日程



総務委員会

委員長

山下 隆義

1.基本方針「不断の組織運営から更なる高みを目指す。」

 今日まで連綿と続く「明るい豊かな社会」を目指した長崎JCの運動は、幾多の会員同士の議論を経て構築され、そして地域に発信されてきました。その過程には組織の意思決定の場として総会や理事会が存在し、諸先輩方が築き上げてきた運営体制があります。この歴史と共に蓄積されてきた運営体制を基礎として運動が最大限の効果を発揮できるよう、より円滑で組織全体が連携できる運営基盤を構築する必要があります。

 適正な組織の運営を行う事こそ、総務委員会の役割であると考えます。総会では運営の先導となり、適正かつ円滑な議事進行に努めます。理事会では議事資料を調整し、事前に電子配信する事で会議を支えます。理事会後には議事録を作成し、議事内容を会員に周知します。諸先輩方の改善努力により作り上げられた運営基盤や議事録作成方法については踏襲しつつも、更なる改善点を求め、役割の分担化やマニュアル化など効率的な体制を構築し、次世代に継承します。組織全体の情報の共有や連携そして調整を円滑に図り、また、議事資料及び議事内容を長期間継続的に保存し、閲覧に供するため、グループウェアを用います。グループウェアをより効果的に運用するために、各委員会の運営幹事に対して利用方法を説明し、また、現役会員からの質問については委員会及び局毎に担当を配し、利用促進の一助となる環境づくりに努めます。総務・OBメールについては積極的に現役会員に対し参加を求め、送付作業としての役割だけではなく、現役会員同士の連携・情報交換の場としての役割も重視します。

 会議全体の運営についての実務面を支える事が総務委員会の担いであり、粛々と「日々努力」し、その職務を遂行する事で、総会や理事会の質が向上し、「明るい豊かな社会」へ「日々前進」するための運動の運営基盤作りに繋がるものと確信します。

2.事業計画及び日程



常務理事(事務局)運営方針

常務理事

中村 周平

 長崎JCは、私達が愛すべき長崎にとって掛け替えのない組織として、62年間もの長きに亘り運動を展開して参りました。長崎JCが、今後も地域から必要とされ、会員一人ひとりが自己研鑽しながら組織として更なる進化を続けていくには、今まで以上に地域との連携と会員の意識改革を行わなければなりません。そのためには、LOM内外の情報収集とLOM運営の礎となる魅力的で確固たる組織の環境作りに取り組む事が必要不可欠です。

 長崎JCが展開する運動の基盤となる理事長所信のもと、自らが率先して専務理事の業務面のサポートを確実に行います。また、事務局と緊密に一体となってLOM全体のパイプ役となり、対外のLOMや各協議会、更には各種関係団体との連携を積極的に行います。そして、長崎JCの窓口となって対外情報の一元化を図り、必要かつ確実な情報をLOM内外に発信し、今まで以上に会員が活動しやすい環境作りを行います。更に、日本JCをはじめとする各協議会への出向者支援を行い、連携と調整を実行し、会員同士がコミュニケーションを図る事で、LOMとしての士気と連帯感を高めます。

 分かりやすく親切な組織運営に取り組み、会員一人ひとりが意識改革できれば、長崎JCは、今まで以上に地域から必要とされ、更に信頼される組織へと進化します。まずは「日々努力」を忘れずに、「日々前進」し続けながら、組織としての進化を目指して参ります。



事務局

事務局長

猪村 栄一

1.基本方針「真心のこもった事務局運営」

 長崎JCは、62年間という長きに渡って、地域を牽引する「明るい豊かな社会」を目指した運動を展開しており、その運動をこれからも力強く、今まで以上に推進していく必要があります。その運動を推進していく原動力となるものは、会員一人ひとりの士気を高めていく事と同時に、長崎JCが魅力的で確固たる組織となるべく、組織全体としての更なる連帯感が必要であると考えます。

 事務局長として、事務局次長及び事務局員と緊密に連携を図り、整然とした備品と各種記録の管理を行い、会員が利用しやすい事務局の環境維持を図ります。長きに渡り先輩方が培ってこられた運動を踏襲しながらも、組織が進化する為に必要な新たな情報収集は常に心掛け、縁の下の力持ちとなり円滑で連帯感のあるLOM運営の下支えに務めます。また、年間スケジュールや公益委員の活動状況などLOM全体の流れを把握し、イーデスク3及びファックスを活用して、会員へ一早く正確な情報を配信します。更には、日本JCをはじめとする各議会及び他LOMとの連携を図り、情報交換を行いながらも対内外活動の窓口として積極的で親切な出向者の支援を行います。また、理事会では定款に則って、厳正な議案承認が行えるよう務めます。そして、会員一人ひとりが効率的に予定管理をできるように、直近のスケジュール予定の情報を告知します。そして、専務理事や常務理事をサポートする体制を構築し連携しながら会員とのパイプ役となり、強固で連帯感のある組織運営を行って参ります。

 我々事務局が真心のこもった事務局運営に取り組む事で、会員同士での連帯感が生まれ、長崎JCは、これからも地域から必要とされ、更に魅力ある組織へと進化します。まずは「日々努力」を忘れずに、「日々前進」し続けながら、事務局運営を行って参ります。

2.事業計画及び日程