長崎青年会議所とは
ホーム  >   長崎青年会議所とは   >  交流室

交流室

副理事長(交流室)運営方針

岩永龍一

副理事長
岩永龍一

 63年という長い歴史を持つ長崎JCは様々な運動を展開して参りました。そして、これからも「明るい豊かな社会」の実現を目指し運動を継続していかなければなりません。そのためには、何故63年もの歴史があるのか、青年会議所とはどうあるべきか、という本質の部分を理解したうえで運動を展開していく必要があります。
 在籍年数が短い会員の割合が増加する状況にあるなか、組織として運動を継続するためには、様々な経験を持つ会員同士の交流、更には長崎JCの歴史を築き上げてこられた諸先輩方との交流を通して、運動に必要な知識や経験を得る機会が必要です。そして、会員が互いに切磋琢磨し、刺激し合うことで一人ひとりの意識変革を図り、個々の成長にも繋げていきます。又、社会環境が急速に変化していくなかで、地域が長崎JCに対して何を求めているのかを理解し、それを踏まえたうえで組織としての方向性を中長期的に考える必要性があります。そのためには、長崎JCの長い歴史をひも解き、地域に必要とされながら現在まで運動を展開することができたのは何故なのかを検証し、諸先輩方が紡いできた不変のものはしっかりと継承していくことが重要です。
 64年目を迎える今、改めて原点に立ち返りJC運動を見つめ直すことで、組織としての在り方を考え、長崎JCの更なる発展に繋げます。


交流室 運営方針

山下隆義

室長
山下隆義

 長崎JCはこれまでの63年間、「明るい豊かな社会」の実現のため、様々な活動を行ってきました。その活動の中には長崎JCより伝播し、長崎市民の運動へ繋がっていったものもあります。長崎JCの更なる発展のためには、これら過去の活動を踏まえ、これからの長崎JCの在り方を再確認する必要があります。又、それらの活動の基礎となったのは会員同士の友情であり、その友情を育む環境そして機会を創る必要があります。
 JCビジョン策定委員会においては、単年度の活動としてではなく、主に中長期的な視点から、過去に長崎JCが実施してきた事業の検証を行い、長崎JCの進むべき方向性を検討します。更には地域から長崎JCに求められているものという角度からの視点も加え、活動の施策を提言します。会員交流委員会では、JC活動をしていく上で最も重要なことの一つである「友情」を原点にして、在籍年数の短い正会員が増加している現状においても、新たな友情が醸成されるよう、一人でも多くの仲間と楽しさを共有し、友情を育むことのできる交流の場を提供します。
 過去を知りJCの本質を再確認することと、会員の交流の中で生み出された友情とが両翼となり、これからの長崎JCの更なる飛躍に寄与します。そして、組織として長崎JCの存在価値を高め、会員がその活動に「価値」を見いだせるよう邁進して参ります。


JCビジョン策定委員会

高田昇裕

委員長
高田昇裕

1.基本方針「起承転成~起を知り受け継ぎ変化と共に成る~」
 長崎JCは、63年間一度も途切れることなく活動を展開してきた歴史があります。その中には諸先輩方が紡がれてきた想いが詰まっています。現役会員はその歴史に繋がる存在であり、想いを引き継がなければなりません。今こそ、その本質を見つめ直すべくその歴史をひも解き、過去の活動や交流などを検証し、更なる躍進のためには今後どのような活動を行い進んでいくべきかを考え、長崎JCとしての存在価値を高めていく必要があります。
 そのためにまず、何故長崎に青年会議所が誕生し63年もの長きに亘り、地域と密着しながら様々な活動を通し必要とされてきたのかという歴史を調べます。そして長崎JCの活動から市民運動へと発展を遂げた事業や、現在では長崎を代表するイベントとなっている事業を調査し、それにより地域にどのような影響を及ぼし、どのような効果に繋がったのかを検証します。又、その他これまで長崎JCの歴史の中で生まれた様々な事業についても調査したうえで、今後の活動に取り入れるべき要素を抽出します。更に各種大会の誘致の検討など、大会開催に掛かる費用や準備などの影響や効果を調査し、それにより地域へ波及する経済効果や、長崎JCの存在価値、団結力の向上にどう繋がるかを検証します。5年から10年先という中長期的な視点で、我々が地域から何を求められているのか、次世代に相伝しなければならない本質とは何なのか、長崎JCの更なる発展のためには何が必要であるかを検討し、今後の長崎JCが目指していくべきビジョンを策定し、例会の場などを用いて提言することで正会員と共有し考え、その方向性を定めていきます。
 過去を知り、今を見つめ直す。過去を知る現役会員が少なくなったからこそ、もう一度原点に振り返り広い視野から自らを考え直すことで、長崎JCが一枚岩となり大きな志を持ち、「明るい豊かな社会」の実現へ向け力強く活動を展開していける組織へと成長します。
2.事業計画及び日程
JCビジョン策定委員会事業計画


会員交流委員会

山田裕基

委員長
山田裕基

1.基本方針「長崎JCをどこにも負けない友情熱きJCへ」
 JC活動を展開していくうえで会員同士の友情は必要不可欠です。友情は会員同士が交流することで育まれます。そして、会員間の交流の基礎となるのは現役会員の交流です。しかし、現在、現役会員の半数近くが在籍年数の短い会員となっており、現役会員同士が交流を深められる期間も短くなっている現状があります。長崎JCが友情熱きLOMになるためにも会員同士の交流をより深めていかなければなりません。
 交流事業を通して入会年度に関わらず様々な知識や経験を持つ現役会員同士が交流を深めることで、現役会員にお互いの人柄をより深く理解していただき、今後のJC活動でのネットワークを構築し、友情を育む環境を整え、長崎JCとしての団結を図ります。更に、いつも現役会員を支えて下さっている家族や職場の方々に交流事業へ参加していただくことで、現役会員の普段のJC活動で見せることができない一面を知る機会を提供し、現役会員相互及び周囲の方々の理解をより深めていただくと共に、現役会員各々の個人環境も理解することができ、より深い交流を図ることができます。又、今年度初老を迎えられる現役会員のJC活動の歩みを、現役会員、仮入会員及び特別会員の方と振り返り、初老をお祝いさせていただくために初老祝賀会を開催致します。そして、長崎JC内だけではなく、一昨年に盟約締結50周年を迎えた神戸JCと、歴史ある定例会議・懇親会を通して会員同士の交流を深め、今後も、より素晴らしい友好関係を構築していくと共に、先輩方が長年に亘って培われてきた神戸JCとの熱き友情の歴史を継承していきます。
 在籍年数が短い現役会員が増えてきている今こそ、会員間の交流を見つめ直し、重要性を再認識し、様々な交流を通して友情を育むことで、どこにも負けない友情熱き長崎JCの確立を目指します。
2.事業計画及び日程
会員交流委員会事業計画