トピックス
ホーム  >  トピックス   >  2017年度神戸JC長崎JC定例会議

2017年度神戸JC長崎JC定例会議

去る12月3日(土)、4日(日)、神戸の地にて神戸JC長崎JC定例会議が開催されました。

本定例会議は52年もの長い歴史があり、毎年開催地を神戸、長崎と移しながら両JCの友好を深めてきた大切な事業であります。
2017年度におきましても定例会議を通じて、両青年会議所が「明るい豊かな社会」の実現に向け、まちと共に発展に寄与する活動が出来るよう、お互いの事業活動などについて報告や意見交換を行いました。

~神戸JC・長崎JC定例会議の起源~
通称、神戸会議と呼ばれているこの会議は、毎年1回開催されている会議ですが、1964年に長崎JCが神戸JCとの間に友好JCの盟約を締結したことをきっかけに始まりました。長崎JC 第12代理事長である殿村髙司先輩が打ち出された、対外的に長崎JCを強く打ち出す総合的な事業の実施と長崎のPRという基本方針に基づき、当時事業面で長崎から西宮へ進出されていた古野清賢先輩を通じて実現に至ったものです。
盟約締結の主旨は、神戸・長崎の両市が古くから国際的に知られた港都であり、JC三信条(修練・奉仕・友情)を通じて友好関係を結ぼうということでありました。近年では、2014年に盟約締結50周年を迎え、それを祝う記念式典及び懇親会が神戸の地で開催されました。

38028

s__8388620

s__8388621

s__8388618

s__8388613

s__8388614

s__8388615

s__8388616
s__8388612