長崎青年会議所とは
ホーム  >   長崎青年会議所とは   >  会務室

会務室

副理事長(会務室)運営方針

坂本裕樹

副理事長
坂本裕樹

 長崎JCは63年もの長きに亘る歴史の中で地域の発展のために数多くの運動を展開して参りました。しかしながら今般、入会年度の浅い会員が半数を占める中で、各々の参画意識や組織の規範ルールなどが十分に伝わっていない状況が見受けられます。かかる状況下、会員一人ひとりに参画意識や規範ルールを意識づけるためには、今一度原点に立ち返り、共通した認識と組織の方向性を各会員に伝え継承していくことが重要です。
 そのためには全会員が一斉に集い、目指すべき組織の理念を共有することで、会員が同じ方向性を持つことができる機会を提供することが必要です。又、会員同士が共に活動し、コミュニケーションを深め、信頼し合える仲間と成ることで、人は人によって動機付けされることに繋がっていきます。一方で、長崎JCの運動を地域社会に認知させるために、様々な手法の情報発信は必要不可欠です。我々の運動が地域に浸透することで、地域社会との関係性が強化されると共に、継続的な運動を行う我々と地域社会の相互理解と相互発展を図ることに繋がります。
 まずは会員一人ひとりが組織の在り方を理解すると同時に、情報をしっかりと共有することで全員が一枚岩と成り、社会的使命を担う組織になります。そして地域社会と一体となることで今後の組織の更なる発展に繋がると確信します。


会務室 運営方針

瀬戸口裕正

室長
瀬戸口裕正

 長崎JCは長きに渡り「明るい豊かな社会」の実現を目指し、多くの運動を展開して参りました。今後も絶え間なくこの運動を継続していくためには全会員が組織の方向性を認識し、足並みを揃えて活動していく必要があります。又、その運動は地域に住まう人々の立場に立ったものでなければいけません。長崎JCの一つひとつの活動を広くわかりやすく発信していくことが必要です。
 例会委員会は会員が同じ時間に同じ場所に集い、理事長の想いを聴き、長崎JCの方向性を確認し、多くを学び、様々な情報を共有する例会を提供して参ります。そして、人は人によって動機付けられることが重要であり、多くの会員が集い、情報を共有する例会の場を通じて会員同士が交流を深め、会員同士が信頼し合える関係性を築いていく機会として参ります。広報戦略委員会では会員に長崎JCの方向性や日々の委員会活動、各事業への理解を深めていただくための情報発信を行って参ります。又、長崎JCの活動を対外に広くわかりやすく発信し、多くの方々に長崎JCの運動を認知していただけるように追求して参ります。
 全会員が様々な情報を共有化し、共通の理念を持って同じ方向性で運動を行うことで、長崎JCはより固い絆で結ばれた組織となり、長崎JCの更なる発展に繋がると確信しております。


例会委員会

荒木慶豊

委員長
荒木慶豊

1.基本方針「格式高い例会から熱い想いをドリップする」
 長崎JCの例会は創立以来63年間、「明るい豊かな社会」の実現を目指し熱い想いと共に受け継がれてきました。現在入会年度の浅い会員が半数を占め、現役会員のおかれている立場はそれぞれ異なる現状があり、JC運動に対する想いは大きく異なります。このような状況下、脈々と受け継がれてきたJC運動を引き継いでいくために例会の場で現役会員が長崎JCの方向性を確認し、情報や熱い想いを共有する機会にする必要があります。
 新年懇親会では新しい年を迎える慶びと共に多くの来賓や特別会員の皆様に敬意をもっておもてなしを行い、第64年度長崎JCの方針を伝えると共に、JC運動に対するご理解やご協力をいただきます。更に、来賓、特別会員の皆様と多くの会員が親睦を深めていただけるような運営を行います。毎月行われている例会において厳粛で精度の高いセレモニーを徹底して行い、現役会員に対し規律ある行動を取るべきJC会員であることを意識していただきます。そして、理事長の理念を多くの現役会員に聴いていただき、再確認することで長崎JCの方向性を共有します。更に現役会員に、例会に対する意識の向上、例会の意義について考える時間を設け、現役会員の自発的な例会への出席に繋げることで、例会の出席率を向上して参ります。そして、現役会員が一枚岩となり、例会に全員出席することを目指し、100%必達例会を実施します。又、卒業式、送る夕べでは卒業生にこれまでのJC活動に感謝の気持ちを伝えると共に、現役会員が一体となり新しい門出をお祝いし、一生の思い出となるような演出を行います。
 多くの会員が集う場で絆が生まれ、長崎JCの団結力が増し、更に現役会員の熱い想いを抽出した例会を開催することで、現役会員一人ひとりが洗練され、長崎JCが地域に必要とされる組織になりうると確信しております。
2.事業計画及び日程
例会委員会事業計画


広報戦略委員会

埜中雄吾

委員長
埜中雄吾

1.基本方針「魅力発信と情報をコーディネートする」
 長崎JCは63年間に亘り、数多くの運動を展開して参りました。これからも変わらず長崎JCの運動を継承していくためには、地域の方々に長崎JCの魅力をもっと広く知っていただく必要があります。又、長崎JC内においても、JC活動への理解度は各会員によって様々です。このような状況下で、これまで以上の行動力で広報活動を行い、現役会員に対して長崎JCの魅力を発信していく必要があります。
 本年度の広報戦略委員会は、各委員会に準備段階から取材を行うことで、事業の魅力を最大限に引き出します。又、対外においては、長崎JCの活動や魅力を年間通して発信します。まず、JCニュースでは、記録誌という役割を継承しながらも、事業の告知や報告だけでなく、事業開催の趣旨を伝えることで、各種事業への参加意識向上の一助となるようにします。更に、全会員に興味を持って、読んでいただくために入会年度の浅い会員を中心にスポットをあてる企画を掲載します。又、今まで先輩方が行ってきた長崎JCの運動を紹介するページを設けることで、自分が所属している組織の歴史を知ることができます。次にWebサイトでは写真だけではなく、各委員会と協力し事業紹介のメッセージ動画を作成し配信することで、事業の魅力や委員会メンバーの情熱と躍動感を伝えることできます。更にはSNSと連携し、多くの方にWebサイトにアクセスしてもらえる環境を作ります。長崎JCの広報担当として各メディアへの情報の提供及び事業告知を積極的に行い、長崎JCの事業を担当する委員会と共に汗をかきながら発信し続けます。
 様々な媒体を用い、戦略的な広報活動を行うことで、会員や地域社会に向けて長崎JCの魅力が広く周知できます。そして、内容を情熱と躍動感で作り上げる企画で構成することにより各種事業の魅力が伝わり、更なる長崎JC運動の発展に繋がると確信しております。
2.事業計画及び日程
広報戦略委員会事業計画