長崎青年会議所とは
ホーム  >   長崎青年会議所とは   >  未来室

未来室

副理事長(未来室)運営方針

大木敬介

副理事長
大木敬介

 長崎JCはこれまで、まちづくりやひとづくり、会員の自己啓発や一般市民の意識醸成など、様々な運動を展開して参りました。これら全ての運動の基礎となるのが「ひと」であり、魅力ある人財を育成していくことは運動拡大の絶対的要素です。特に子を持つ親世代である我々は、自ら成長していくことだけでなく、長崎のリーダーとなる青少年を育成していく責任があります。
 インターネットやSNSが普及したこともあり、現在の子ども達を取り巻く環境は以前に比べ複雑化しています。いじめや児童自殺のニュースには様々な場面でツイッターやLINEが登場し、動画サイトにいじめの様子を投稿するといったニュースすらありました。このような状況の中で、我々が大人として親として責任を果たしていくために、教育問題を学校のせいだけにせず真剣に向き合い、様々な試練や苦労を乗り越えていく経験を提供することで、子ども達の問題解決能力を向上させます。更に、限界に挑戦する体験を通じて、多くの支えに対して感謝することのできる心を育み、社会を生き抜くために必要な豊かな人間性を醸成して参ります。
 まずは、我々が原点回帰し、子ども達に自分の背中を堂々と見せられるような誇りと自信を取り戻します。そして、1年を通してその誇りと自信を持って本気でぶつかっていくことにより、青少年の「生きる力」を育てて参ります。


未来室 運営方針

栗山壮一

室長
栗山壮一

 現在の社会は、グローバル化や情報化などが進み、社会は急速にその姿を変えています。こうした厳しい時代を生きる子ども達は、自らの手で自らの人生を切り開くと共に、多様な価値観を受け入れ、共生していくことが求められています。そのため子ども達が主体性をもって様々な人々と活動できるよう、子どもの能力や可能性を引き出すことが必要であると考えます。
 そこで本年の未来室では、子ども達の「生きる力」を醸成する取り組みに注力していきます。体験活動はひとづくりの原点です。子ども達がJCメンバーや大学生・学年が違う小学生など幅広い年齢の人々と体験活動することで、自らを律しつつ、他人と協調し、他人を思いやる心を醸成することができます。又、事業全体を通して感動する心などをはじめとする豊かな人間性や協調性・感謝をすることのできる心を身に付ける機会を作ります。この取り組みを通じて我々も大人として、親としてしっかりと子どもと向き合い「生きる力」の重要性を再確認する機会とします。
 我々大人が、真剣に目標に向って取り組み、子ども達に本気でぶつかっていくことにより、「生きる力」を子ども達に醸成し、子ども達が自信を持って社会に巣立てるひとづくりに邁進して参ります。


青少年育成委員会

小島心平

委員長
小島心平

1.基本方針「豊かな人間性を育む」
 都市化や少子化が進む現代では、子ども達が異なる年齢の集団の中で切磋琢磨しながら過ごす機会が減少しています。そのため、子ども達の社会性や規範意識の低下が懸念されています。又、情報化が進み、便利で快適になった現代社会では、子ども達が全力を出すスイッチを入れる機会が少なくなっており、青年世代においても、地域とのつながりの希薄化などによるコミュニケーション能力の低下が懸念されています。
 そこで、青少年育成委員会では、子ども達が日常とは異なる環境の中で、自ら目標を掲げ、挑戦し、互いに協力しながら目標達成に向けて努力することで、これからの社会をたくましく生きていくための「生きる力」を醸成する機会を作ります。そして、その体験活動での試練や困難を乗り越えることによって、日常ではあたりまえとして見過ごされている些細なことが、あたりまえではないということに気づかせ、親、家族をはじめとする多くの支えへの感謝の心を身に付けることができる機会とします。次に、これからの社会を担う青年世代においては、積極的な姿勢で、仲間と協力し、高い目標に挑戦することで、新たな可能性を見出す機会を作ります。自ら進んで先頭に立ち研鑽を積むことで、問題解決能力を向上させ、社会で自立して生きていくために必要な力を身に付けることができます。これらの体験を通じて、子ども達と青年世代が限界に挑戦し成長することにより、達成感や充実感が得られ、他人を思いやる心や感動する心を育む機会となります。又、この体験活動を通じた青少年育成運動を拡大し、継続していくための新たな取り組みを行って参ります。
 何事も諦めず、困難に立ち向かうことで「生きる力」が醸成され、社会へ巣立つときの自信となります。我々大人が正面から向き合い、青少年たちとの関わりの中で、彼らに自信を芽生えさせることが、豊かな人間性の育みに繋がるよう全力を尽くして参ります。
2.事業計画及び日程
青少年育成委員会事業計画