長崎青年会議所とは
ホーム  >   長崎青年会議所とは   >  事務局

事務局

専務理事(事務局)運営方針

友岡源太

専務理事
友岡源太

 いかなる組織もその原動力となるものは「人」そのものであることは間違いありません。それは私たちの住むまちも、青年会議所も例外ではありません。長崎JCが63年もの長きに渡り歴史を紡いでこれたのは、諸先輩方が理想を抱き運動を行ってきた何よりの証拠であります。今一度、会員一人ひとりが、原点に立ち返り、誰のための何のためのJC運動なのかを自らが考えることで組織の強化に繋げていくことが必要です。
 会員が活動していくうえで、組織のバックアップは欠かせません。機能的かつ効率的な組織運営をしていくために、根幹となる諸会議の円滑な運営と予算執行の適切な管理に努めることで、JC運動を後押ししていきます。更には、会員一人ひとりにJC運動本来の意義と目的を常に明確にさせ、手段が目的とならないよう自らが常に考える機会を与え、各委員会が年間を通じて活発な活動ができるよう、LOM運営の責任者として、自らが「志高く」熱い想いを持って邁進して参ります。
 青年会議所の目的は何なのか「己の成長をもって地域を発展させること」です。会員はJC活動の中で、たくさんの機会を与えられます。会員が長崎JCに在籍している価値を本気で見つけ、志を同じくすることができたならば、明るい豊かな社会を築き上げるとするこの長崎JCはその本懐を遂げるものと確信しております。


常務理事(事務局)運営方針

関了介

常務理事
関了介

 第64年度。この言葉には、大きな意味があります。長崎JCが63年もの間、存続しているということです。この歴史ある組織を引き継いだ我々は、今後も、存続し続けることができるように、その価値を創出し続けていかなければなりません。そのためには、組織自体の強化を図ることが求められます。強固な組織を作ることで、長崎JCを、次世代へと引き継いでいく意義のある組織へとする必要があると考えます。
 本年度、常務理事として事務局と連携し、専務理事とのパイプ役となり組織がどの方向に進むべきかを理解し情報の共有・意識の統一を図ると共に、組織のチェック機能として、財務・コンプライアンスの観点より、会員から預かった大切な会費が事業費として適正に使われるように精査致します。又、会員がJC活動に邁進できるように、手厚い配慮の行き届いた環境作りを行います。更には、会員間の横の連携が円滑に行われるように、LOMを後方より支援して参ります。そして、対外諸団体との窓口となり必要かつ的確な情報がLOMへと浸透していくように活動して参ります。
 組織の強化が図られれば、長崎JCは、この先何十年と存続できうる組織へと進化していきます。そして、その進化は、会員が長崎JCに在籍する価値を見出すことにも繋がると確信しております。常務理事として、その一助となるよう職務を全うして参ります。


事務局

山﨑喜久男

事務局長
山﨑喜久男

1.基本方針「配慮の行き届いた事務局運営を目指して」
 長崎JCにはこれまで63年にも及ぶ歴史の中で、諸先輩方から引き継いできた伝統と誇りがあります。長崎JCが明るい豊かな社会を築き上げるためにも、引き継いできた伝統を活かし、地域に必要とされるべく様々な素晴らしいJC運動を展開し続けなければなりません。長崎JCを次世代へと繋げていくためにも、会員同士の繋がりを一層強固なものとし、一丸となって活動していくことが必要です。
 本年度、事務局長として、事務局次長及び事務局員と連携して備品の整理と管理、各種記録の管理を行い、全ての会員の皆様が利用しやすい清潔感のある事務局作りに努めます。そして、集いの場、会議の場である事務局の使用について各委員会の委員長や運営幹事とも連携を取りながら、会員一人ひとりがJC活動をより一層円滑に行うことができるように、配慮を持った対応を行います。又、年間スケジュールや公益委員の活動状況など長崎JC全体の流れを把握し、他委員会の事業への積極的な参加を行います。次に、各委員会で行われる事業を財務・コンプライアンスの観点から、細心の注意をもって精査致します。そして、専務理事や常務理事と力を合わせながら理事長をサポートする体制を構築し、組織の方向性を理解したうえで必要な情報収集を行い、事務局が会員の皆様とのパイプ役となり意識の統一が図れる正確な情報をいち早く提供致します。更には、日本JCをはじめとする諸会議及び他LOMとの連携を図り、対外諸団体との窓口になり、出向者の支援を含めLOM運営の下支えを行って参ります。
 会員の皆様へ配慮の行き届いた事務局運営に取り組むことで、会員同士の連帯感が生まれ、長崎JCは地域に必要とされる強固な組織へと進化します。その強固な組織を次世代へと繋げるべく事務局運営を行って参ります。
2.事業計画及び日程
事務局事業計画